金メッキや色付けの仏具は磨かないで、から拭き程度にして下さい。


上記の様な色付けがほどこされている具足類は、お磨きをせず柔らかい布か、新聞紙でからぶきをして下さい。



上記の様な真鍮地金(金メッキは除く)の具足類は、真鍮磨きでお磨きをして下さい。


お磨きの時期は、お盆、お彼岸、お正月、ご法事前の年2回お勧めします。
上手なお磨きの仕方
○磨き液
○新聞紙(1日分程度)
○ナイロンブラシ、又はナイロン歯ブラシ(日曜雑貨店で販売)

*真鍮磨き液を、乾いた布地か具足に付けて汚れを落としてください。
*磨きをした具足を、しばらく乾かしてください。(約1時間)
*乾かした後、目詰まりの防止のため、ブラシで目に沿って丁寧に磨き液を取り除いて下さい。
*ブラシ掛けをした後、乾いた布地で拭き取って下さい。
*再度、艶出しのため新聞紙で拭き取って下さい。(印刷の油で艶出し効果があります)
↑ページ上部に戻る↑





まず、電球が緩んでいないか、変圧器(アダプター)が差込口から抜けていないか 確かめて下さい。
電球1個が点灯しない場合は、その電球がきれていますので、予備球と交換して下さい。
電球全てが点灯しない場合は、変圧器(アダプター)か、ターミナルに異常があります。即ご連絡下さい。
↑ページ上部に戻る↑





ご宗旨(宗派)やお仏壇の大きさによりお荘厳方法が異なります。
正しいお荘厳方法は、願い寺様にお尋ね下さい。
標準的なお荘厳の仕方でよろしければ、ご案内させていただきます。
↑ページ上部に戻る↑




敷物は不燃性のものをお勧めします。
ガラス製のものは、水分の発散が出来ませんので、間に柔らかい布地か紙を敷いて下さい。
↑ページ上部に戻る↑






“地球環境に良い植物性和蝋燭を”

洋蝋燭は燃焼時に油煙を出します。油煙がお仏壇やお座敷の天井・襖等に付着して汚れの原因になります。また、お仏壇のご修復時に割増代金の対称につながります。
植物性和蝋燭は燃焼時に煤(すす・炭素粒)になりお仏壇に付着せず落下します。
長い蝋燭は、お仏壇の屋根や吊灯篭を熱し危険ですので、適正な寸法の蝋燭をご使用下さい。


“地球環境に良い天然香料のお線香を”

お線香やお香は、良質なものをご使用下さい。
近年、香りの良い油性の人工香料を混ぜたお線香が販売されていますが、油性分が多く湿りやすいため、早めにご使用されることをお勧めします。
* 天然香料を使用したお線香は、日持ち(約6ヶ月)がします。
天然香料を使用したお線香は、日持ち(約6ヶ月)がします。
また、地球環境によいため是非お勧めします。
↑ページ上部に戻る↑




彫刻が破損・落下した場合、即ご連絡下さい。
破損部分は、後のご修復(お洗濯)の時に役立ちます。
↑ページ上部に戻る↑





ご不要になった、お仏具・お位牌・お念珠・経本等ございましたら、
丁重にご供養いたしますので、ご遠慮なくお持込下さい。(無料)
破損部分は、後のご修復(お洗濯)の時に役立ちます。
↑ページ上部に戻る↑





その他、お気付きの点がございましたら、ご遠慮なく弊社までご連絡ください。
↑ページ上部に戻る↑



お知らせ商品紹介店舗紹介お仏壇のお手入れ年忌早見表お問い合わせFAX注文書トップ

有限会社 光輪館
〒525-0027 滋賀県草津市野村4-7-15
TEL 077-561-7468 FAX 077-563-6365
info@kourinkan.com