【金箔・金粉のお掃除】
湿気のないからっと晴れた日に毛バタキで、やわらかくはたいて下さい。

はたく所 … 狭間彫(欄間)、障子内外の組子(桟)・雨戸の内外と両側
また、お盆・お正月・お彼岸・ご法事前は、荘厳具(仏具)を座敷机等に仮置きし、お仏壇内の屋根部分以外の埃払いを行って下さい。
金箔・金粉には直接手で触れないでください。直接手で触れた場合、後に赤く変色の原因になります。
純金箔は柔らかいので、拭いてしまうと余計に変色やはがれの原因になります。
不注意で触り、塗り(黒色)が見えた場合は、即ご連絡下さい。
塗りが見えない場合は、何もしないのが得策です。
また、セロハンテープなどでお札等を金箔・金粉等の上に貼ると箔のはがれの原因になりますので避けて下さい。



布は使わないでください。毛バタキで、やさしくはたいてください。


↑ページ上部に戻る↑




【塗り部分のお掃除】
湿気のないからっと晴れた日に毛バタキで、やわらかくはたいて下さい。

はたく所 … 湿気のないからっと晴れた日に、乾いた布か漆塗り専用の布でから拭きをして下さい。
漆塗りの変色の原因になる、化学ぞうきんは使用しないで下さい。
こびり付いた埃や汚れ落としをする場合は、
「艶出しクリーム」が弊社にございますのでご購入ください。
なお、市販されているクリームの質により使用方法が異なりますので、必ず説明書を読んでご使用下さい。
水をこぼした場合は、
水をこぼしたままにしておくと、天然漆の塗りはがれの原因になります。
もしこぼしてしまった場合は、すぐにやわらかい布かテッシュペーパでおさえるよう程度に吸い取って下さい。(金箔も同様です)


↑ページ上部に戻る↑




金具は、塩分を嫌いますので、汗ばんだ手で触らないで下さい。
不注意で触られた場合は、緑青の原因になりますので、柔らかい布で拭いて下さい。


↑ページ上部に戻る↑




雨戸・障子の開閉は必ず、つまみを持って丁寧に開閉して下さい。



金箔の部分は持たないでください。箔のはがれの原因になります。




障子の開閉は“つまみ”と框(枠)の底、雨戸の開閉は戸の框(枠)と底を持っておこなってください。三方開の脇障子(横)は、障子下の止め金具を抜いて開けて下さい。閉めるときは、しっかり確実に、止め金具をして下さい。
障子のそり・がたつきの防止のためです。

三方開は、お仏壇の脇戸(横)の栓を抜いて開けて下さい。閉めるときは、しっかり栓を差し込んで下さい。雨戸のそり・がたつきの防止のためです。




引き出しの開閉は、丁寧にして下さい。
引き出しの上部中央にある“手掛け”に指先を掛けて浮かすように開閉してください。
金箔・漆のすれてはがれる原因になります。


↑ページ上部に戻る↑




エアコンの暖房は、天然無垢材(木材)を使用しているお仏壇の木地のやせ、ひび割れ、ソリの原因になります。
常に、花瓶に水を入れ生花でご荘厳されることをお勧めします。
(湿度を保ってくれます)
エアコン(暖房)使用時は、お仏間で加湿器のご使用をお勧めします。
また、灯油(石油)の暖房は、長時間使用すると、金箔を赤く変色させる原因となります。


↑ページ上部に戻る↑




マッチで蝋燭・線香を点火されたら消しがらは、必ずマッチ消し(壷)に入れて消して下さい。
蝋燭・線香が点火中は、そばを離れないで下さい。
火災の原因にならないよう十分注意して下さい。


↑ページ上部に戻る↑



お知らせ商品紹介店舗紹介お仏壇のお手入れ年忌早見表お問い合わせFAX注文書トップ

有限会社 光輪館
〒525-0027 滋賀県草津市野村4-7-15
TEL 077-561-7468 FAX 077-563-6365
info@kourinkan.com